悪い舌〜見せしめ刑の町のネタバレ・あらすじと感想!試し読み無料

悪い舌 あらすじ・ネタバレ

 

 

-どの街も 中央の広場には さらし台がある-

台の上には椅子があって、

そこでは人の悪口を言いふらしている人が

罰として

さらし者にされていて-

 

「悪い舌には必ず報いを受けるんだから」

悪舌法により、悪口には晒し刑が課せられている世界

そこまでだったら問題はなかったはずなのに…

 

女の醜い嫉妬と憎悪

恐ろしい復讐の道具と化した悪舌法

友の虚言が、ひとりの女性を晒し刑に貶める!?

そんな女の戦いを描いた

「悪い舌〜見せしめ刑の町」 その壮絶な世界をご紹介!!

 

悪い舌〜見せしめ刑の町のネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「悪い舌」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

 

主人公エマの住んでいる街には晒し台がありました。

 

その晒し台は悪舌法の刑を執行するためのもの-

人の悪口を言いふらす人をさらし者にするための装置でした。

 

悪舌法は、エマの街の人には好意的に受け止められ

人々は晒し台で晒されている人を見学したり、罵倒したり-

 

エマも疑問を持つことなく

友達のルーシィ・ミッシェルと見物したり。

その町のひとは、晒し台を日常の風景として感じていたようです。

 

しかし、そんなある日エマのところに

外国にいる母から手紙が-

その手紙には、進学するなら学費の援助を惜しまないとの一文が。

勉強に熱心だったエマは遠くの女子高に通うため

町を離れることになりました。

十数年たち、美しい女性に成長したエマ

地元の町の図書館司書になるため、町に帰省することに-

 

仕事も楽しく、昔からの友達の

ミッシェル・ルーシィとも再会できて

しばらくは順風満帆に暮らしていました。

 

そんなとき、エマの務める図書館に

中学時代の先輩ヴィクターが訪れる。

 

エマに気のあるヴィクターはしつこく彼女を誘いますが

興味のないエマは、適当な理由をつけて軽く受け流すことに-

 

しかし、ヴィクターのことを好きだったミッシェルは、その様子を見ていて…

 

急にミッシェルに呼び出されるエマ

真剣な雰囲気の彼女は

突然、エマを悪舌法で訴えると言い出し…

悪い舌〜見せしめ刑の町の感想

ホラーじゃないけど怖い!

晒し刑を利用して、他人を貶めようという

人の残虐な部分がリアルに書かれていました。

しかもそれが友達同士だから余計に怖かったです。

 

特にミッシェルの嫉妬むき出しの笑みなんか

夢に出てきそうです。

軽く女性不信になりますよ、本当に。

エマの一発逆転に期待がかかります!

 

表面では穏やかでも

心の中では何を考えているかわからない。

そんな現代にも通じる人の表と裏を、

悪舌法というテーマで書き上げた力作

「悪い舌〜見せしめ刑の町」 ぜひ読んでみてください!

「悪い舌」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<