柄ラボ(宇仁田ゆみ・漫画)のネタバレと感想!【試し読み無料】

柄ラボ あらすじ・ネタバレ

 

 

-『柄ラボ』とは柄ラブな宇仁田ゆみが

柄について熱く語るエッセイ漫画-

 

という説明文に集約されている

柄の話オンリー・ニッチでマニアックな世界観

 

柄なんか興味ないよぉとお思いのあなた!

ぜひ読んでみてください!

 

知らないあいだに魅了されてしまう柄の話

その書き方や使い方まで教えてくれます。

 

うさぎドロップで人気を博した

宇仁田ゆみ先生の熱い柄トーク

「柄ラボ」

意外と勉強になる、そのあらすじのご紹介です。

柄ラボのネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「柄ラボ」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

「今回は初心に戻って漫画に出てくる服の柄」

「そのなかでも実在する柄に注目しまーす」

と話を始める宇仁田先生

 

本作はこのように宇仁田先生がテーマを決めて

いろいろな柄の歴史や、豆知識、書き方、使い方を

レクチャーしてくれる内容になっています。

 

たとえば千鳥格子(ちどりこうし)

日本では白黒の鳥が左上にたくさん飛んでいるようにみえる

ことからその名がついてますが、

実はイギリスでは違う呼び方が-

その名もハウンドトゥース、つまり「犬の牙」

という呼び方でよばれているのです。

 

イギリスでは「犬の牙」にみえるのかなぁ

それよりも鳥が飛んでいるほうがしっくりくるような…

また千鳥格子は

茶道の大家・千利休が愛用していたことから

利休間道(りきゅうかんとう)ともよばれているとか。

 

次につくり方

千鳥格子は白も黒も同じ形をしていて、

全く隙間なく、敷き詰められてできています。

 

ギンガムチェックとおなじ作りなので、

1ブロックを摘出するのはむずかしくありません。

 

正方形のファイルを準備して

下書き用のレイヤーで四分割

 

そのうち右下だけは全部黒くします。

 

右上と左下に右斜めのラインを下書きして…

完成!!

 

という具合に、手とり足とり教えてくれる宇仁田先生。

この他にもグレンチェックの書き方を教えてくれてます。

 

だいたいこんな感じで

学校の授業のように教えてくれる話が多いですが

たまにスピンオフのショートストーリーが入っていたり

します。

柄ラボの感想

宇仁田先生の「うさぎドロップ」のファンなので

とっても期待していましたが・・・

いい意味で期待を裏切られることに。

 

正直自分は柄には興味がありませんでしたが、

最初の千鳥格子の説明ですごく興味を惹かれました。

歴史は好きなので、どうやら昔からある柄の話には

弱いみたいです(笑)。

 

やっぱり読まず嫌いしなくてよかったと思った一冊でした。

 

自分の好みには合わないという方もぜひ試して欲しい

本当は深い柄の話 「柄ラボ」

ひとつ辺り長くないので時間のない方にもおすすめです!

「柄ラボ」 と入力し検索(´ε` )