難病が教えてくれたこと2のあらすじ(ネタバレ)と感想!試し読み無料

難病が教えてくれたこと2 あらすじ・ネタバレ

 

 

気が遠くなる

全身の力が抜けて立ち上がれない!!

…私 どうしたの?

 

もやもや病(正式名称ウイリス動脈輪閉塞症)にかかった少女

いつ、脳梗塞を起こすかわからない少女は無事

病気を治すことができるのか?

 

もやもや病の少女を描いた「泣けない子」の他

若年性パーキンソン病、多発性硬化症など

世に珍しい難病を抱える人たち

そして、それを支える家族の

かけがえのない命の軌跡

 

「あの芸能人がなった難病」も収録した珠玉の一冊

「難病が教えてくれたこと2」のご紹介です。

難病が教えてくれたこと2のあらすじとネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「難病が教えてくれたこと2」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

小学生の心美(ここみ)は、普通の子供と少し違う-

 

リコーダーを吹いても、息継ぎで失敗

息が苦しくなって、息をフーっと吹けません。

 

熱いものを食べる時も、息をフーフーすると、

頭が痛くなって体調が悪くなってしまいます。

 

熱もないし、セキもしないから風邪とも違うし-

心美のお母さんも首をかしげます。

 

しかし、ある日

心美の大切にしていたうさぎのぬいぐるみを

弟の隼人がジュースで汚してしまいます-

 

「あーっ 私のウサちゃんが」「隼人のバカ!!」

 

怒った心美は、隼人にパンチ!

「えーん、えーん お姉ちゃんがぶった!!」

泣きじゃくる弟

 

そんな時、お父さんが仕事から帰ってきて

心美を叱りつけます。

 

「心美も隼人に謝るんだ!!

お姉ちゃんのくせに暴力を振るうなんて

恥ずかしいと思いなさい!!」

 

怒られて泣きじゃくる心美

しかし、そのとき

 

「頭が痛い!!…声が出ない…」

 

ついに、苦しくなって心美は倒れてしまいます。

 

 

心美が運ばれた医師はふたりの衝撃の告白をするー

 

「泣いたら死んでしまうこともあるんです。」

 

心美の病気は「もやもや病」

脳内の血管が不足した血液を補おうとして

細い血管を発達させる原因不明の難病-

 

血管が細く、詰まりやすくなるため

脳梗塞や脳出血が起こる可能性が高くとても危険だと

語る医師

 

激しい運動などをすると

気分が悪くなったり、気を失ったり。

 

母親は、リコーダーの息継ぎがうまくできないこと

熱いラーメンをフーフーしたら気分が悪くなってしまったこと

を思い出し、むせび泣いてしまいます。

 

死の危険もあると言われ、両親は心美に手術を受けさせることを

決意するのでした。

>>続きはこちらから

「難病が教えてくれたこと2」と入力し検索!

難病が教えてくれたこと2の感想

もやもや病なんて一見可愛らしい病気ですが-

「泣いたら死んでしまうかもしれない」なんて

そんな病気あるんですね。

 

調べたら歌手の徳永英明さん

このもやもや病を克服していたらしく、

日本人の感染者は増加傾向にあるらしいです。

 

子供のちょっとしたサイン

それを見逃さないためにも、勉強になる一冊でした。

そんな「難病が教えてくれたこと2」

いま、まさに身近に難病を抱える人に読んで欲しい漫画です。

「難病が教えてくれたこと2」 と入力し検索(´ε` )