セトウツミが1巻無料!?あらすじ(ネタバレ注意)と感想!

セトウツミ 1巻あらすじ

 

「はー 明日からのテスト嫌やなぁ」

「暑いしなぁ」

 

川辺に座り込むふたりの男子

彼らはだべる、ひたすらだべる。

 

そう、この漫画はかれらがひたすらだべるだけで終わる

そんな地味で退屈な青春の日常。

 

派手さもなく、大爆笑もないけれど

なぜか、じわじわくる彼らの会話

ふっと思い出して、フフッとなる彼らの漫才のようなダベリ

行き先不明な話の終着点

よくわからない読了感

 

正体不明の魅力のおかげで

菅田将暉など主演で無事映画化も果たした人気作

「セトウツミ」のご紹介です!

セトウツミのあらすじとネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「セトウツミ」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

 

高校生のクールメガネ・瀬戸(セト)

少しおバカな内海(ウツミ)がひたすら川辺でだべる話

今日はその一話をご紹介します。

 

川辺で話す二人

瀬戸が塾の話をしている時に内海がカチン

 

瀬戸の人を見下したような話し方が気に入らないと

ぶっちゃける内海

 

「自覚症状はないけどな」と流す瀬戸に

「他覚症状が半端やない」とツッコミを入れる内海

 

嫌われ者の鳴山(なるやま)先輩からもムカつくといわれた

瀬戸は表情のトレーニングをすることに-

 

人を馬鹿にしないような神妙な面持ちがうまくできない瀬戸に

内海が神妙な話を一つ。

「家で飼ってる猫のミーニャンが余命もあとわずかだから

 医者から好きなもん食べさせてあげていわれて」

「そっからオカンが張り切って海外から

 高いキャットフード取り寄せたり

 俺よりええもん食わしたりして」

「おやじも難色示してたけど最後やからしゃぁない言うてて」

 

「でも結局そっから二年以上生きてな」

「それがきっかけで…」

 

「今度うちの親 離婚すんねん」

 

瀬戸「結末が意外すぎんねん」

 

…漫才のようなやり取りが続く、ふたりの会話

 

そのうち内海は

さっきからずっといる、おじさんが気になり始める-

 

それでも淡々と続くふたりのやりとり

しかし、そこに鳴山先輩が登場したところから

話は意外な方向に-

>>続きはこちらから

「セトウツミ」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

 

セトウツミの感想

とにかく何も起きない青春モノ

男中心だけど、「男子高校生の日常」みたいに

バカ騒ぎするわけではなく、淡々と会話をするのみ。

 

絵も暗め、全体的に地味

静動でいうと100%「静」だけれども

二人の会話の内容は

まるでテンポのいい漫才を見ているかのよう。

そんなシュールさがやみつきになります。

 

そして、注目はそのオチ。

オチてない日常漫画も多いなか

かなり衝撃のラストをぶちかましてくれます。

 

シュールでニッチな川原の青春

いま注目の話題作「セトウツミ」

漫才好きな人にもお勧めな一冊です!

「セトウツミ」 と入力し検索(´ε` )