結婚ピンクのネタバレ(あらすじ)と感想!【試し読み無料】

結婚ピンク01

 

 

深海魚「プロポーズの才能」

今井康絵「LOVE TARGET」

かれん「Pleaseプロポーズtome!!」

川瀬あや「不純なハネムーン」

以上、4つの幸せ~な結婚ストーリーを集めた短編集です!!

 

結婚に憧れてる人も、結婚しそうな人も、
むか~し結婚した人も、きゅんきゅんしちゃいましょう~!

『結婚ピンク』のネタバレ(あらすじ)!

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「結婚ピンク」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

一年前、主人公・澤渡(さわたり)は、

せっかく彼氏が用意してくれたサプライズ、

プロポーズのフラッシュモブを、

風邪で咳が止まらずに台無しにしてしまい、

サプライズが大好きな彼氏との4年の交際が終わってしまいました…。

 

そして本日も悲劇は繰り返されます。

会社の得意先の記念パーティーで、大事なスピーチの最中、
スマホが故障で音が止まらなくなってしまったのです。

この絶望的な間の悪さは今にはじまったことではなく、

冗談のつもりが図星をつくなど、

冠婚葬祭をはじめ、多くの大事な場面の空気を凍り付かせてきたのでした…。

 

人は澤渡をこう呼ぶのです…『サプライズキラー』と…。

 

数々の人を傷つけてきた自分にはもう、
幸せになる資格なんてないのかもしれない、

そんな風に澤渡が思っていた時でした…。

 

澤渡は花形の営業部から、

最高に地味で「追い出し部屋」と呼ばれている部署に、
事実上の「左遷」を言い渡されてしまったのです!

 

得意先のパーティーを台無しにしてしまったので、
当然の罰だと思っていた澤渡ですが、

定年間近のおじさんばかりの部署で、

唯一年の近い涌井(わくい)
当面の教育係として担当することになります!

 

〝なんでこんなオーラのあるイケメンがこんな部署に!?″

 

そう澤渡が不思議になるほど、涌井はメガネのクールなイケメンでした。

他の人は皆死んだ目で働いているのに、

涌井の仕事ぶりはクールで、
地味なデスクワークが華やいで見えるほどです。

 

自分にとってこの状況は、
この会社に残された最後の希望かもしれない、と思った澤渡は、

涌井に自分の『サプライズキラー』体質をネタとして話したり、

ランチに一緒に行こうとしたり、ぐいぐい攻めます!

 

しかし涌井はいたって冷めた様子で、

「メシはひとりになりたいんで」と即答…。

澤渡は早々に「ムダですよ宣言」をされてしまったのでした…。

 

もう諦めるしかないのか、と

一人でとぼとぼランチへ向かう澤渡でしたが、
良い感じのお店が目に留まります。

入ってみるとそこには涌井さんが!!

 

〝我ながらなんという間の悪さ!″

 

びっくりして店を出ようとする澤渡を、

涌井と顔なじみの店員さんが呼び止めました…。

涌井はそのお店のランチに五年も通っているということで、

 

「もしかしてお姉さん目当てだったりして」

 

と、澤渡が冗談まじりに茶化すと、

また図星をついてしまったのか、
店員さんがかなり動揺してしまい、

さらにマスターらしき人を「主人なんです」とお断りしてきたのです!

涌井さんは思わず席を立ち、店を出ます。

 

「待って!!待ってください 涌井さん!!

ごめんなさいっ 余計なこと言って…

あたしのこと好きして!!気のすむようにしてくださいっ!!

なんでもしますから…」

 

澤渡はそう言って道端で涌井に土下座をしてしまいます。

今まで何人も傷つけてきた澤渡は、

罪の意識に耐えられなくなっていたのです…。

 

「その言葉 後悔すんなよ?」

 

そう言って涌井はメガネを外し、
ガラリと態度を豹変させてきたのです!!

 

澤渡はこれからどうなっちゃうのでしょうか…!?

>>続きはこちらから

「結婚ピンク」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

『結婚ピンク』の感想!

ネタバレに書きました「プロポーズの才能」についてですが、

澤渡さんが基本的にしっちゃかめっちゃかで、
話自体はとっても面白いんですが、

 

絵が…ちょっと少女マンガ感薄めで、
受け入れられないところが多いです…。

涌井さんも、最初の登場時の地味メガネ顔は、
隠れイケメン設定ならいい感じなのに、

一目見てイケメン!ってほどでもないですし、

もっとカッコよくなるはずの豹変顔は
地味顔よりさらにイマイチだったりして、

ところどころ、絵が良かったら…惜しい!という部分があります。

 

結婚をテーマにしてますし、

少女マンガというよりは、成年女性マンガとして読むと、
かなり楽しめるのではないでしょうか~?

「結婚ピンク」 と入力し検索(´ε` )