ラストゲームのネタバレと感想!試し読みが無料!?

ラストゲーム

 

ラストゲームは天乃忍作で、2011年から現在まで連載が続いている人気漫画です。

『社長の息子で、顔も頭も良くて女にも不自由したことのない俺が、
10年間この女に負け続けている』

『これが俺とこいつのラストゲーム』

というところでストーリーは始まります。

10年前主人公の柳尚人(やなぎなおと)は、小学5年生。

父親がTVの不動産王だったこともあり、テストも1番で芸能界からのスカウトも数知れず・・・

クラスの人気者だったのですが、この時が尚人の全盛期なのでした。

 

ラストゲームのネタバレ

※ここからはネタバレを含みます。

先に内容を見たいという方は↓から無料で試し読みができます。

サイト内検索窓に「ラストゲーム」と入力し検索してください。

↓ ↓ ↓ ↓

>>「ラストゲーム」を無料で立ち読み

 

王様的存在だった尚人のクラスに九条美琴(くじょうみこと)が、転入生として現れます。

尚人の彼女の第一印象は、『地味・暗い奴・レベル低そう』だったのですが、
美琴は尚人よりも勉強が出来て、さらに足も速かったのです。

尚人は怒って

『お前転校生のくせに生意気だ!俺は社長の息子なんだぞ』

と美琴に言いますが、

『それはあなたが凄いんじゃなくて、お父さんが凄いだけでしょ』

と一蹴。

尚人は美琴に負けまいと、塾や家庭教師を増やしますが無理をしすぎて倒れてしまいます。

気づけば尚人は美琴の家にいました。

そこで尚人は、美琴が狭い家に住んでいてお父さんは事故で亡くなっており、
母子家庭で、母親は仕事で帰りが遅いと言う事情を知ることに。

美琴が、塾にも行かず、家庭教師もつけずに自力で勉強をしていたこと。

勉強して母親を楽にさせてあげたいと言う彼女。

彼女のチャーハンが美味しかったこと。

さらにその後、自分の母親が迎えに来てくれたことを、
尚人はすごく恥ずかしいと感じて、塾も家庭教師もやめたのでした。

 

その後、中学受験をすると思っていた美琴が、公立中学へ行くと知った尚人…

美琴が社交辞令で言った

『別々の中学に行くならさみしくなるね』

と言う言葉を真に受けて、自身も公立中学校へ進学するのですが

中学三年になっても彼は美琴に勝つことが出来ず・・・

「ラストゲーム」と入力し検索!

>>続きはこちらから

 

ラストゲームを読んでみての感想

俺様男の尚人が、美琴に出会ったことで初めての敗北を知り、

少しずつですが、成長してきたように感じられますね。

今後の二人の関係は恋愛関係に発展していくのでしょうか?

冒頭の『これがこれとこいつのラストゲーム』というのは、

いつのどんなシーンに繋がってくるんでしょうかね。

もしかして、尚人から告白とか!?

小学校5年生の時から計算したら、冒頭のシーンでは
二人は20歳近くになっているということですよね。

中学校までは同じ公立に行けたけど、その後の美琴は経済的な理由で遠く離れた場所に行ってしまうとか?

とにかく続きが気になりますね。

果たして尚人は、美琴に勝つことが出来るのでしょうか。

気になった方は是非1度試し読みをしてみてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓

>>「ラストゲーム」を無料で立ち読み

↑サイト内検索窓に「ラストゲーム」と入力し検索してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です